新しい家を建てるならばモデルハウスを見て回れ

新しい家を建てるときは、できるだけショールーム、モデルルーム、モデルハウスを見て回るのがいいでしょう。なぜなら、ものすごく参考になるからです。たとえば、壁紙の色やブラインドやカーテンとの組み合わせもそうですし、テーブルの配置なども、いちいち参考になるのですよね。

それに、キッチンなどの水回り設備をつくっている会社のショールーム見学にいったとしても、インテリアにおいて参考になるポイントは結構たくさんあるのですよね。設備そのものよりも、キッチンの使い方ですとか、小物の置き方なども参考になることも多いのです。

それに、私の住んでいる街にはブラインドやカーテンのショールームなどないものですから、モデルハウスが参考になるんですよね。ですから、建て売りを買うつもりはなくっても、新しい家を建てる際は、家の設計の参考にしたくって、しょっちゅう出かけていましたね。

ですから、これから新しい家を建てようと思っている人に言いたいことといわれましたら、やっぱり「できるだけショールーム、モデルハウスは見て回れよー」ということですね。