facebookやinstagramなどのWEB活用

最近の若い世代ではインスタグラムが流行っている。しかし工務店経営者の多くは40代~60代で、インスタグラムどころかフェイスブックや、そもそもSNSさえ利用したことがない人がほとんどだ。家づくりをするお客様の層は20代~50代が多い。中でも子育て世代や新婚世代の20代後半から30代前半が占める割合は大きく、会社によってはその層だけをターゲットにしている会社もあるぐらいだ。なのに、経営者の感覚とターゲット顧客の感覚に大きく差が生じている。折り込みチラシの反応率が悪くて…と相談を頂くことがあるが、そもそも若い世代の方は新聞を購読していないので折り込みチラシを見ていない。届いていないのだ。彼らは今、ほとんどの情報収集をスマホを通じてWEBからしている。つまり、WEBで情報発信をしなくてはいつまで経ってもターゲット層の若い顧客に届かないのだ。しかもホームページだけ整えていれば良いという問題ではない。ホームページはあくまでパッシブな媒体だ。お客様が見に来てくれるのをただ待っていてもしょうがない。見てもらうためにアクティブに情報発信するのがフェイスブックやインスタグラムなのだ。工務店にとってWEB集客は今後益々欠かせないアイテムとなる。