住宅に対する断熱施工の目的は火傷防止ではなく住み心地

断熱性を高める為の資材などは、工場で使われている事もあります。いわゆる高温が発生しやすい箇所に対して、それが用いられる事もあるのですね。
例えば工場のボイラーです。あれは非常に温度が高いので、誰か従業員が触れてしまえばを火傷をしてしまう可能性があります。それで労災で治療費が負担される事になるのも、大変ですね。それで工場のボイラーに対しては、よく断熱塗料が用いられています。ダクトなどに用いられる事も多いです。
ところで住宅に対する断熱性となると、話は全く異なります。住宅の断熱性の場合は、火傷防止と言うより住み心地の良さが目的になるのですね。夏の暑さ対策で断熱塗料による工事を検討する住民の方々は多いですし、冬の寒さ対策でその塗料用いるケースも少なくありません。
住宅の場合は、そもそも工場と違ってボイラーなどが設置されているケースも少ないですね。もちろんダクトもめったに見かけません。ですので住宅作りにおける断熱施工と、工場に対する断熱施工は、ニーズが少々異なる訳ですね。